FC MESTANO少年サッカー部 FC MESTANO特定非営利活動法人 多摩湖スポーツクラブ
FC MESTANO FC MESTANO FC MESTANO
コーチ紹介
指導方針
スポーツクラブとして
コミュニケーションの問題
コーチの部屋
機会平等
勝負へのこだわり
指導者への道

勝負へのこだわり

 指導の方針でも述べていますが、勝負以前にまずは子供がサッカーを楽しんでくれることが最も重要であると我々は考えています。それとは矛盾するようですが、あえて我々は子供たちに勝負にこだわってもらいたいとも思っています。ゲームの勝敗だけではなく、ボールを持っての1対1の勝負、コーナーキックの競り合い、ゴールキーパーとの勝負など全ての場面場面での勝負にこだわって欲しいと思っています。親の目で見れば「楽しければいいんじゃない?」という方もいらっしゃいます。しかし、サッカーがゲームである以上、ゲームの勝敗や相手の選手との駆け引きなど勝負抜きには選手は面白くないのです。

例えばある試合では8対0で勝ったとします。サッカーでこの得点差は、如何ともしがたい大差です。お母さん方は万歳をして喜んでも、たいていの子供はつまらないといいます。やっている選手はゲームとしての緊張感がないためです。しかし、競り合いの上、0対1で負けた試合では、子供たちは非常に悔しそうですが、顔には満足感が現れています。また、練習試合を組んで、コーチとして試してみたいことがあって「今日は勝負抜きに行くぞ」といったところで、子供たちはやはり勝負にこだわって勝ちにいきます。やはり、動物としての闘争本能が負けることを良しとしません。こういうことを言っているコーチはまさにピエロですね。

サッカーに限らず勝負事は勝ってこそ面白いのです。また、勝つための課程が子供たちに大きな満足感を与えます。彼らが将来、様々なスポーツを続けるにしても、社会人になっても、今持っている勝負へのこだわりを忘れないで何事にも全力投球できる大人に成長して欲しいと我々は考えています。



▲ このページのトップへ



クラブ概要

フォトギャラリー

リンク集

お問い合わせ



予定表

コーチの部屋

保護者の部屋



部員募集中!

コーチ募集中!



試合結果

コスモ・フレンドリー・リーグ(PDF)

育成リーグ 4年生(PDF)

ちびっ子リーグ 1・2年生(PDF)

試合申し込みはこちら



トップページへ
Copyright 2004 多摩湖スポーツクラブ All rights reserved.