FC MESTANO少年サッカー部 FC MESTANO特定非営利活動法人 多摩湖スポーツクラブ
FC MESTANO FC MESTANO FC MESTANO
コーチ紹介
指導方針
スポーツクラブとして
コミュニケーションの問題
コーチの部屋
機会平等
勝負へのこだわり
指導者への道

機会平等

 日本は欧米の先進諸国と比べても平等な社会といわれています。本人に才能がありそれなりの努力さえすれば、サッカーや野球のプロ選手だけではなく、トップスターや総理大臣にもなることは可能です。しかし、我々の社会は機会平等であって結果平等ではありません。結果平等を求める考え方ももちろんありますが、それを理想とした社会・共産主義はソ連崩壊とともに崩れ去り、市場経済原理を部分的に取り入れた中国がめざましい発展を遂げていることからも自由競争が我々の社会に恩恵を与えていることは認めざるを得ません。その結果、結果不平等な社会が出現するわけですが、我々の社会の優れているところは、自由競争の原則は保持しつつも最終的に富の分配において微調整がおこなわれていることです。税制がその最たるところで、たくさん稼いだ人、あるいはたくさんもらった人にはたくさん払ってもらうという原則があります。そして、不幸にも稼げなかった人には最低限の保護を与えるというシステムが結果不平等が極端にならないように最終調整として機能しています。

 話が大きくなりましたが、我々は現在住んでいる社会と同様に、サッカーにおいても機会平等を原則としています。少なくとも土日の我々が行っている練習中は、子供のサッカーの機会は全く平等です。上手い子供にもそれほど上手くない子供にも、同じように教えています。むしろまだ上手くない発展途上の子供にこそ指導の時間を割いています。しかし、やはり結果として上手い子供ほどどんどん上手くなり、高学年になるとかなりの技術や体力の差となって現れます。まさに結果は平等ではあり得ません。上手い子供というのは、こちらがあまり要求をしなくとも、勝手に練習をこなすものです。もちろん、基礎体力や運動神経の違いは大きいでしょう。サッカーの場合は、体格的な違いはあまり問題になりません。平山相太と田中達也の凸凹コンビといわれるように、個人の体型によってプレースタイルは全く違うからです。では、技術差というのは基礎体力や運動神経で全て決定されるものでしょうか。コーチをやっていて最も感じるところは、その子供のサッカーにかける情熱、つまりサッカーをどれほど好きかということがその子供の技術的発達に与えるインパクトが最も大きいということです。サッカーが好きな子供は、我々が「練習しておけよ!」といったことを自分なりに解釈して一生懸命平日に個人練習をしてきます。そういう子供に限って1週間後に「コーチ見て見て、ほらっ、できるでしょ?」とできたことを自慢します。こういうことを何年も続けていると、どれほどの差が出てくるかおわかりになるでしょう。低学年の頃はサッカーが好きという目に見えない差が、高学年になると技術というはっきりと見に見える差となって現れてきます。

 ときどき「うちの子供は、試合中いつもベンチでかわいそう。試合には平等に出してほしい」と苦情を言われる保護者がいらっしゃいます。機会平等の原則に反するではないかということでしょうが、我々は「試合は日々の練習の結果」と考えています。日々一生懸命努力して上手くなった子供と努力しなかった子供を試合出場の機会で平等に扱えるでしょうか。子供たちは正直なもので、もしそのようなことをすれば、子供自身が必ずや不平を述べます。我々が考える以上に子供の間では暗黙の了解が出来上がっているものです。それに反することを我々が試合で意図的にやると、子供たちは必ずおかしいと思うのです。勝負へのこだわりでも述べますが、普段からのコミュニケーションの上手くいっているチームの子供たちはベンチも含めて個人的活躍もさることながらチームの勝敗に対して我々以上にこだわっているものです。ただし、我々コーチとしてもできるだけ多くの子供を試合で試してやることは当然と思っていますので、試合のグレード、試合内容、試合時間等を考えて絶えず調整は加えています。もし、それでもご不満がある保護者の方は、是非とも一緒にコーチをやりましょう。我々はいつも門戸を開いてお待ちしております。



▲ このページのトップへ



クラブ概要

フォトギャラリー

リンク集

お問い合わせ



予定表

コーチの部屋

保護者の部屋



部員募集中!

コーチ募集中!



試合結果

コスモ・フレンドリー・リーグ(PDF)

育成リーグ 4年生(PDF)

ちびっ子リーグ 1・2年生(PDF)

試合申し込みはこちら



トップページへ
Copyright 2004 多摩湖スポーツクラブ All rights reserved.